make a note of 

gomakyu.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

恒例。

穏やかなお天気が続きます。

d0182913_1353744.jpg



昨日もとてもお天気でした。

d0182913_13572932.jpg



お義母さんがいなくちゃはじまらない餅つきも 
絶好のお天気に恵まれ 無事に出来ました。

いつもどおり 十臼つきましたよ~。
すごい量で お嫁にきた頃は驚きました(笑)
そのころは周りをうろうろ遊んでいた甥っ子たちが 今では立派な「つき手」です^^。
d0182913_13593918.jpg


大根おろしのからみもちと おかあさんのソラマメのあんこの あんころもちでいただきました^^。

おかあさんがいるから 今年もみんなでわいわいと^^。
70を過ぎたころから
「もう来年はどうなるかわかんないよ~」なんて毎年いいながら10年くらい経ちます。
来年も どうぞよろしく^^。 ありがとう おかあさん。



去年はドリーのこともあったりで 帰れなかった私のほうの帰省も
今年は年明けにちょこっと帰ってきますね。


皆様によい一年がおとずれますように。
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-31 14:13

清々しく 来年を迎えられそうです。

d0182913_1465899.jpg


相方 バカボンのパパと 同じ年になった日の記念撮影(笑)


先週、屋根のビニールを張り替えました。
7年 雨風に耐え(耐えきれなかったこともあるけど 笑)
バラを守ってくれました。

ごくろうさん^^。



若いころは 怖いより おもしろそうって好奇心で 私も手伝ってたことがあるのですが。。。
もう・・・ ムリ。
体がこわばっちゃって 登れないっ。

だめだ 見るだけでも怖い です。

d0182913_1404712.jpg



ビニールを取り払ったハウスは 気持ちいい~。

d0182913_1461524.jpg


ちょっと 寒いけどね^^。
ビニール一枚でも結構違うもんだと実感。



張るほうは 相方一人では無理なので 職人さんたちにお願いしました。
さすが みなさん ひょいひょいっと。


d0182913_14103017.jpg



新しい屋根の下は清々しいです。



家のほうは 新年を迎える準備はまだまだこれからですけど
とりあえず昨日 障子は貼り換えました。
やっぱり 新しい障子紙は白くて明るい!
今朝は いつになく寝覚めが好調でした(笑)



おかあさんも 無事退院しました。
途中 調子が悪くって 退院が伸びたりしたのですが
無事退院した日は  天ぷら定食を食べたらしい。。。
「だって お腹すいたんだもん・・」だそうだ (笑)

どうなるかなぁと思っていた 餅つきも 今年も無事やる気まんまんだそうで
一安心 です。


ちょいと メッセージをば。

「おとちゃ~ん
 あの後 行くのがいつも夜で・・・ 峠が凍りそうで電車で行ってたから 行けなかった・・・ ザンネンデス。
 でも いつか 寄らせてね~^^」

[PR]
by 9goma9 | 2011-12-26 14:24

2段。

ハウスで育苗箱にてレタスを栽培中。
d0182913_19523782.jpg



2段重ねだよ~。
d0182913_19533711.jpg


下の段にも根っこが張って 立派なレタスがなるってスンポウらしい。(相方の^^;

さあ どうなることでしょう。。。


リナリアも・・・・発芽しちゃった。

d0182913_195781.jpg



今日は 相方が忘年会です。
集合場所まで送ってきました。
帰りは迎えがいらないとのことなので・・・・・

只今一人で 今年第一回目の忘年会を こたつで繰り広げております♪
寒い時の 一番搾りもなかなか です^^。
うーん これぞ 頭寒足熱!
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-15 20:01

突然でびっくりしたよ。


d0182913_18383941.jpg


去年に引き続き・・・ 今年も私の熱いまなざしは
ロサ・ウィルモッティアエ へ向いています。

d0182913_18401365.jpg


今日も すがすがしいお天気でした。

d0182913_18413264.jpg




昼過ぎ 義姉から電話があり お義母さんが入院することになったって。

数か月前 検査でひっかかったのは知ってたのだけど 再検査にだだをこねていて・・・。

その後のことは 何も聞いてなくてびっくり。
二日前に電話で話した時も 何も言ってないかったし。。

車で小一時間かからないところだったので 顔を見に行きました。

到着して 病院の玄関前で。。。。
散歩にでかけようとしていた お義母さんを見つけました。

「お散歩ですか?」と笑いながら声をかけると
「あれまっ」とビックリ顔のお義母さん。

元気そうでよかった^^。 行き違いにならなくてよかった(笑)

しばらく相方と三人で散歩して 病室に送り 帰ってきました。

ポリープを取るだけだそうで 元気だし 暇なんだよって。

また 顔 見に行くだな^^。

病院のとなりに とてもいい匂いをまきちらしていたパン屋さんがありました。
帰りによってみましたよ。
若い店員さんの対応がとても気持ちよくって・・
気をよくした相方は たくさんトレーにのせちゃって。。。

二人じゃとても 食べきれないよ~(笑)
おすそ分けしに行かなくちゃ♪
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-13 18:46

静かな静かな日曜日

いつもは 近くの工業団地への出勤の車や 道路工事のトラックが行きかう仕事場わきの道路も 日曜日はとっても静か。


d0182913_12363047.jpg


お天気の良い 日曜日の朝は 大好きな時間。

昨日から相方も不在で 全くの一人で静けさはさらに増します。
聞こえるのは 遠くで鳴くカラスの声くらい。
遠くからなら カラスの声も風情があります(笑)


一人でバラの間にコロコロ椅子を持って行って 
コーヒー飲んだりしてました^^。
ここ 包まれているようで なんだかほっとするんです(笑)

d0182913_12392628.jpg

ところどころ 紅葉 落葉 もはじまって。。。
もうすぐ また これをほどく季節だなぁ。。。なんて思いながら。


外の景色も 少しずつ冬の眺めとなりつつあります。
d0182913_12424674.jpg



今朝は 見るもの全部がまぶしいくらいの 
            とっておきの日曜の朝でした^^。


シートも
d0182913_12445775.jpg


ハウスの屋根も
d0182913_12453146.jpg


やっぱりモッコウバラの枝の描く曲線はうつくし~♪
d0182913_12482782.jpg



では 日曜日の午後の部へ 行ってきます^^。
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-11 12:55

一気にガチガチな朝。

「初霜 まだだね~。」
「いつもは そろそろだよね~。」

この頃の朝の会話。

d0182913_1643386.jpg

気温が下がってくると
いつもは真っ白なアイスバーグのツボミに
ピンクがのります。





別段 霜が降りるのを 楽しみにしているわけではないのですが・・・。
いつもの季節に いつもの事がないと なんだか気になりますね。。

昨晩はしっかり気温も下がり
おまけに晴天で・・・。


d0182913_16452723.jpg

咲くとほぼ白。
外弁にうっすら
ピンクが残ります。



今朝は見事に降りました~。
それどころか ガッチガチに凍りました。。


冬も 本番 かな。


d0182913_1652549.jpg

翌春 初めて春を我が家で迎えます。
楽しみだ~

レッドネリー




d0182913_16544599.jpg

春からある枝は
一気に黄葉。




d0182913_1656357.jpg

秋に出た枝は 
まだまだ緑・・・。




今年の初夏に我が家にきたレッドネリー。
まだ 花は実物を見たことがないので
この枝に咲く(はず)の花を とても楽しみにしています^^。



しかし 寒い・・・。
コタツ一個でしのげるのも もう限界かな(笑)

灯油 高いよねぇ。。。
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-10 17:05

宮城へ行ってきました。

仙台からレンタカーを借りて 一ノ関まで行き
そこから気仙沼へ抜けて 石巻まで車で海岸沿いを南へ下りました。

テレビの画面や新聞の写真では伝わらない 集められたガレキや車の山の高さ、 被害を受けた土地の広さ、 ほこりっぽさ。 

すべての言葉を失います。 相方と二人 何も話せなくなりました。

まだ 電気の通っていない商店街や港では 警察官の方が交差点ごとに交通整理をし
土木関係の方が 重機を使って まだまだ終わらないガレキの処理等を進め
ボランティアの方は ガレキの仕分けや まだ片付いてない建物の片付けをしていました。
そして そこで生活をされている方たち。

その間を縫うように。。。

ただ 通って見るだけの私たちが そこを車で走っていいのだろうかという
後ろめたさ 申し訳なさが 何度も込みあげてきました。




少しずつ 本当にポツリ ポツリと 家を改築される様子を見ました。
商店街でも まだ 津波の後が深く残る中に 再開されているお店があり
港にある 水産会社も お土産売り場を再開されていました。

その土地で これからも生きていくんだという 強い強い思いを感じました。

泊まったホテルでは とても温かく迎えてくださり 美味しい海の幸や温泉もいただきました。
ホテルを出るときには「また お越しください」 という横断幕を持って スタッフの方が送り出してくださいました。

途中 寄り寄りしたお店でも
「また 来てくださいね」と 言葉をかけてくださいます。

こんなに 「また 来てください」という言葉が 身に染みたことはありませんでした。

石巻では やはり 少しずつですが再開されているお店で
お蕎麦を食べ 水ダコやイカ クロヤナギカレイ等 海の幸を買うこともできました。


途中 地元の新聞社等が出版した 震災の写真集を何冊か買いました。
改めて 被害の生々しさを感じます。

震災直後の写真を見ると
「よく ここまで・・・」と思います。
支援に来られた方への お礼のメッセージも 壁や窓にあるのをたくさん目にしました。

でも まだまだこれからが長いんだ ということも実感しました。



とても 美しい景色が広がっていた場所なんだと思いました。
その故郷を 愛し そこでこれからも生活をしていくことを決めた方たちも お会いしました。

帰りながら 相方と話しました。
水産と観光の美しい街に 外からも人が訪れ 泊ったりお土産をかったり 景色をながめたり・・・
その土地の人と話したり・・・
そういうことが増えていくことで 冷たくなった体の血流がよくなり体温があがるように 
その町ににぎわいが少しずつ戻ってくるのではないかと。



宿泊したホテル

「南三陸ホテル観洋」
 若いスタッフの人たちが 一生懸命働いていたのが とても印象的でした。
 海の見渡せる 温泉もとても広くてきもちいいホテルです。
 阿部長商店という水産会社のグループだそうです。 
 気仙沼港では「お魚市場」というお土産屋さんも 再開されていました。

寄ったお店・場所 等
 
「お魚いちば」

「復興屋台村 気仙沼横丁」
 http://www.fukko-yatai.com/2011/10/farmaid-miyagi-kesennuma/

「ギャラリー縁」
 http://sites.google.com/site/ganbaare/
 株式会社「GANBAARE]のギャラリー縁
 水産会社が被災し 震災後 帆布を使ったバックや風呂敷等 手作りの素敵な作品を作っていらっしゃいま す。 ホームページに「これからも海と共に生きる気仙沼」とメッセージに記されています。 

石巻商店街のお魚屋さんとお蕎麦さん

日和山公園
 天皇皇后陛下も ここから手を合わせておられました。
 山の上の公園で 地元の男性が観光客に震災の体験を伝えてくださっていました。



買ってきた本です。


南三陸から 2011・3・11~2011・9・11  佐藤信一氏
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4537278757/ref=dp_image_z_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

  東日本大震災写真集  市民が伝える気仙沼の大震災
  東日本大震災  市民が撮った気仙沼
  (浜らいん)
http://www.k-macs.ne.jp/~hamaline/

  巨震激流
  (三陸新報社)  
http://www.sanrikushimpo.co.jp/cgi-bin/page.cgi?PAGE=../htdocs/html/hon


南三陸の防災庁舎の前で お線香をあげてきました。
他の場所では 供物が焦げているのを見たので・・・
火をつけていいかどうか そばの警察官の方に聞きました。
どうぞ あげてください。と言っていただき
線香に火をつけ 手を合わせ 目を閉じると 目頭が熱くなります。
その場の風や匂い 空気感を 目を開けている時より 色濃く感じました。
改めて心より 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
合掌
[PR]
by 9goma9 | 2011-12-05 20:29