make a note of 

gomakyu.exblog.jp

心に留めておきたいことば

本を読んだり 人の話を聞いたり テレビやラジオから
「いつまでも おぼえておきたいなぁ」 とか
「はっ」 とさせられたりとか
「ナルホド」 ってガッテンしたりとか・・・。

そういう言葉を 少したつと 忘れてしまって 残念に思うことがありました。

これからは ここに記録していこうと思います。



d0182913_20561465.jpg




「身の丈で生きる」

とある場所で とても素晴らしく 優しいバラ園を管理されている方が
おっしゃった言葉をある方から 教えて頂きました。

身の丈。。
自分を しっかりと見つめた上でないと 判らないよね。


今の自分には 叱咤激励にも 悩みの答えにも そしてなぜか ほっと安心感を与えてくれるような感覚も・・・・なんとも不思議な言葉でした。

ありがとうございました。

2010・7



2011・3・12
「身の丈で生きる」
この言葉をおっしゃった方がお亡くなりになられました。
バラ会のメールで知りました。

時々お邪魔していた方のブログで目にした この言葉とその方のお写真は
その頃 悩みを抱えていた私にとって うまく言葉ではいえないのですが とても大切な事を 衝撃的にといえるくらい取り戻してくれるものでした。

日に焼けた たくましくて力強くて そして優しさあふれる笑顔のお写真でした。

この仕事を一生懸命していれば いつかご縁があってこの方のバラ園をおとづれることが出来るかもしれない・・・  お話を聞かせてもらえる機会がおとづれるかもしれない 全くの独りよがりだけど憧れに似た思いを持っていました。

数年前に会に入れていただいた私たちは バラ会の会員であることも 知りませんでした。。
残念で 寂しい思いです。

心から ご冥福をお祈りいたします。


地震以来 複雑な思いを抱きつつ 仕事をする毎日でした。
園芸界にも やはり大きな影響がでてきています。
でも 影響がでてくるということは 繋がっているということ。
直接だったり間接だったり 複雑に繋がっているんだと思います。

今 私がやっている仕事は 直接的に 被災者や被災地に 何の励ましにも助けにもならないのだけど・・・・
でも いつか 必ず復興が本格的になったとき
しっかりとした 「日本の地力」を保っていなくてはいけないと思います。
そのためにも 様々な現場で様々な影響や不安を なんとか踏ん張って 
被災してない地域は それを保たなくてはいけないんだという思いが 
日が経つにつれ 強くなってきました。

被災した方々へ 心を寄せることを忘れることなく
しっかりと 今いる地で 自分の仕事をきちんとすること。
これも 日本がこれからどうなるかに 大きく影響してくるのだと思います。


小さな小さな一つの経営体だけど そういう自覚を持って
そして ひたむきにバラと向き合っていきたいと思います。


合掌。






 
[PR]
# by 9goma9 | 2011-03-21 20:52